edamameのテレビブログ

テレビ番組の感想を思いつくまま書いてます ゆるりとした時間のおともに

今週もドキドキハラハラ「TOKYO MER」

 東京オリンピック開催中だが「TOKYO MER」はお休みなくオンエア。手に汗握る東京オリンピックに負けないくらいドラマもドキドキする展開だった。

 今回のミッションはトンネルの崩落事故で巻き込まれた人たちの救助。移植手術のための心臓を運搬している医師も事故に遭っていた。救助した人のなかに移植ネットワークの職員がいたことから、その医師が現場に取り残されていることに喜多見(鈴木亮平さん)は気づくが、現場の状況が悪く、その医師の救助が思うように出来ない。

 一方、心臓が届くのを見込んで少女の手術を始めた高輪(仲里依紗さん)は心臓が届かないこと、運搬をしている医師に連絡が取れないことに不安になる。しばらくしてその医師が事故に巻き込まれたことを知るが、ギリギリまで移植手術の可能性を信じて心臓の到着を待つことに。だが、タイムリミットが近づいてきたので、移植手術を止める選択をする。

 身動きの取れない医師の救出は難航したが、喜多見は医師から心臓が入っているバッグを受け取り、音羽賀来賢人さん)に引き継ぐ。心臓が破損していないことを音羽が確認し、心臓はバイクでオペ室へ。高輪は音羽と喜多見に電話で説得され、移植手術の準備を再び始める。

 崩落事故に巻き込まれた医師の手術と少女の移植手術。どちらも命の危険があったが、無事に成功。今回もお決まりの「死者はゼロです。」も健在。

 これはドラマだから患者さんはきっと助かると思って見ているけれど、毎回本当にハラハラさせられる。今回は事故現場の患者さんの救出に加えて、タイムリミットのある移植手術。私がもしMERで働いていたら毎日クタクタになりそう。

 危険を顧みずに人命を最優先する喜多見の仕事ぶりに尊敬する気持ちが芽生えたのか、音羽の冷酷な感じがちょっと薄まってきた感じがする。このままうまくいってほしいけれど、ドラマの展開的にはそんなにすんなりとはいかないだろうなあ。

 それから、私は今まであんまり仲里依紗さんのドラマを見たことがなかったが、かわいい雰囲気のまま医者を演じても違和感が全くないことに気が付いた。仲里依紗さんの演技力に今後も注目していきたい。

 さて、このドラマの最後には必ず「すべての医療従事者の皆さんへ 最大の敬意とエールをこめてー」というテロップが入る。先週金曜日から東京オリンピックが始まり、コロナのニュースが報道される割合はとても減った。だから、このテロップを見てハッとした。報道が減っても、コロナウィルスが減ったわけではない。そのことを肝に銘じて暮らしていかないといけないなあと改めて思う。

 MERが急行した現場は、バスの事故→工事現場の事故→立てこもり事件→トンネル崩落事故。そして来週はエレベーター火災。こんなに大事故が続く街って呪われているのかって? いやいや、これはドラマである。

 

「東京2020オリンピック開会式」を見て〈後〉

 開会式のクライマックス、聖火台への点火はこのようなリレーで行われた。

 

野村忠宏さん&吉田沙保里さん(オリンピックメダリスト)

     ↓

長嶋茂雄さん&王貞治さん&松井秀喜さん(野球界のレジェンド・国民栄誉賞受賞者)

     ↓

お医者さん&看護師さん ※コロナ患者の治療に貢献

     ↓

土田和歌子選手(パラリンピックメダリスト。東京パラリンピックにも出場)

     ↓

岩手・宮城・福島の子供たち6名 ※東日本大震災からの復興
     ↓

大坂なおみ選手(東京オリンピック出場)

 

 率直な感想を一言で言うと、大坂なおみ選手が最終ランナーというのはすばらしい人選だ、とは思えなかった。彼女は素晴らしいアスリートではあるけれど、今回のオリンピックが初出場。今年5月に全仏オープンの試合後の記者会見を拒否し、その後うつ病であることを告白して棄権している。私は彼女がオリンピックに出場するのは知っていたけれど、試合後のインタビューはどうするんだろう、大丈夫かなと気になっていた。   

 だから聖火台で堂々と点火する彼女を見てびっくりした。大舞台に立っていられるのであれば、うつ病は治ったのだろうけれど、そんなにプレッシャーのかかる役割をさせて、うつ病が再発したり、数日後のテニスの試合に影響が出たりしないのだろうか。

 また、聖火ランナーで唯一彼女だけがマスクをしていなかったことも気になった。全員がマスクをするか、全員がマスクをしないかの統一ぐらいはしたほうがよかったと思う。長嶋茂雄さんがマスクをして参加しているのに大坂なおみさんがノーマスクというのはどうなんだろう。

 それから、彼女を最終ランナーにして、「このオリンピックは多様性と調和です! 」と言ってしまう日本に心底がっかりした。肌の色が違う人を代表にすることが多様性なんて浅い。浅すぎる。

 確かに日本は極東の島国なので、同じような肌の色や顔立ちの人ばかりの国だった。でも、もうだいぶ前からそんな国ではない。場所によっては今もそうなのかもしれないが、少なくとも今回のオリンピック開催地の東京は違う。うちの子たちが通っていた区立幼稚園や区立小学校には数人ハーフの子がいたし(ハーフという表現が不適切だったらごめんなさい)、親の仕事の都合で日本に住んでいる外国人の子も何人かいた。子供たちのほうがとっくに多様性のなかで生きている。

 このオリンピックの開会式を考えた人たちは本当に平たい顔族の日本人同士としか長年関わって来ていなかったんだろう。だから、外国テイストをちょっと取り入れたことで「多様性」を表していると思い込んでいる。「imagine」は私もそらで歌えるほど好きな歌だが「TOKYO2020」で流す曲ではないだろう。つい先日放送された「音楽の日2021」で見た石川さゆりさんの「ソーラン節」のほうがよっぽど粋な日本を表現していたなあと思う。多様性のなかに「日本」も含まれることを忘れてはいないだろうか。

 地球を表現したドローン、市松模様を作るパフォーマンス、市川海老蔵さんの歌舞伎、ピクトグラム。伝統と最新技術、日本と世界を表現したかったんだろうなあという気持ちは分かるけれど、全体的に統一感がなかった。ひとつひとつは趣向を凝らしていただけに本当にもったいない。壮大な開会式を見たというよりも、いくつかのチャンネルをザッピングして見たような気分だった。ストーリーや、軸になるような具体的ななにかがあれば全然違ったのになあと思う。

 ちょっと物足りない感じで東京オリンピックが始まった。

 

「東京2020オリンピック開会式」を見て〈前〉

 2021年7月23日午後8時。コロナウィルスの世界的流行のため一年延期された東京オリンピックの開会式が始まった。

 あまりダンスに興味のない私は開始早々から飽きてしまった。せっかく8時までにお風呂にも入り、食事も食べ終わってスタンバイしたのに、このままじゃ寝てしまいそう。そう思ってたら、真矢みきさんが棟梁役で登場!

 真矢みきさんを見たのは久しぶりだったけれど、見た瞬間に分かった。華のある雰囲気と立ち姿の美しさ。棟梁役なので、あまり動きがなくて残念。もっと踊ったら素敵だったのになあと思った。

 各国の入場はゲーム音楽がBGM。ドラクエぐらいしか分からなかったけれど、国名のプラカードが漫画の吹き出しになっていて、伝統文化よりも新しいカルチャー路線にしたんだなあと思った。ゲーマーだったらもっとこの音楽に感動できたのかもしれない。

 この国別の入場はオリンピック開会式の醍醐味。民族衣装の国もあれば、ユニフォームの国もあり、見ていてとても面白かった。今回はマスクというアイテムが加わり、衣装と同じ柄にしていた国もあっておしゃれだなあと感心しながら見ていた。

 そして、印象的だったのはピクトグラム。今回行われる全種目のピクトグラムをその場で表現していた。「欽ちゃんの仮装大賞」みたいな感じでテンポよく50種目のピクトグラムが紹介された。楽しかったけれど、背景の観客席の色が微妙な存在感を出しており、ちょっと見づらかった。背景を白くすればもっと映えたのにと思った。

 聖火ランナーについては後編で書きます。今日中にブログで開会式のことを全部書けると思ったのに、式が長引いて間に合いませんでした。

池上彰さんの「木原さ~ん、そらジロー!」が聞けた「news every.」

 夕方なんとなく見ていた「news every.」にジャーナリストの池上彰さんが出演していた。出演することを知らなかったのでちょっとびっくりしたけれど、なんだか豪華な夕方のニュース番組だと思いながら見た。

 すると、なんと「木原さ~ん、そらジロー!」というお決まりのコールを池上さんがやるではないか。このレアな瞬間を目撃出来てなんだか得した気分。こういうノリのよいところがいいなあと思う。

 そういえば「週刊こどもニュース」という番組を子供ではなかったけれど見ていたなあと思い出した。あの番組が長くなったのが「池上彰のニュースそうだったのか!」なんだろうなあと思う。分かりやすく説明してくれる池上さんの存在はとても貴重だ。たまにちょっと意見が偏ってるなと思うことはあるけれど。

 今日の「news every.」でも池上さんは面白いことを話していた。それは前回の東京オリンピック(1964(昭和39)年)のとき、日本人はまだ国際的なマナーが身についていなかったそうだ。例えば、車内で食べたお弁当のゴミをその場に置きっぱなしにするとか、平気で立小便をするとか。それが東京オリンピックをきっかけに改善されるようになったのだという。

 今回のオリンピックでは、森喜朗氏の女性蔑視発言や小山田圭吾氏のいじめ問題、小林賢太郎氏のホロコーストをネタにした問題などが次々に起こっている。今まで日本は人権問題にきちんと向き合っていなかったことが表面化したなと思う。これは世界への恥さらしではあるけれど、もし今のタイミングでこれをしなかったら、日本はとてつもなく世界から遅れた国になるところだった。そして、オリンピックが終わっても、この国際的なスタンダードを意識しておかなければならない。

 明日はいよいよオリンピック開会式。いろいろあったけれど合格点!の開会式になりますように。

静かに東京オリンピックが始まった

 7月23日の開会式より一足早く、今日からオリンピックの競技が始まった。午前中はNHKで女子ソフトボールの対オーストラリア戦が、夜はTBSで女子サッカーの対カナダ戦が放送された。

 ここ最近は、開会式の作曲をした小山田圭吾氏の過去のイジメ問題によるゴタゴタ、別次元のなかにいるような菅総理の発言、TOYOTAの五輪関連CM国内での放送なし&開会式不参加と、競技とはまったく関係のない、オリンピックにネガティブな感情を抱かせる報道ばかりだったので、本当に始まったのかなというなんとも不思議な気持ちで競技を見ている。

 無観客の試合は歓声がゼロなので、やはり寂しい感じは否めない。大きな声援を味方にプレーできるという自国開催の最大のメリットは、新型コロナウィルス流行によって消滅してしまった。この独特の雰囲気にも日を追うごとに慣れていくのだろうか。

 それからひとつ残念に思ったことがある。サッカーの試合を見ていて、なでしこジャパンのメンバーの名前を知りたいと思い、なんの迷いもなくDボタンを押したら、オリンピックの特集ページがなかったのだ。選手の情報に加えてミニゲームみたいなのもあるかなと思っていた私が甘かった。試合だけは楽しもうと思ってテレビをつけたのに、がっかりしてしまった。

 たまたま今回だけデータがなかったのか、それとも他局も同じような感じなのか。今後オリンピックを見るときはDボタンを押してリサーチしてみようと思う。また、CMもTOYOTA以外はオリンピックの特別バージョンなのかもチェックしたい。

 明日はお昼に女子ソフトボールの対メキシコ戦(日テレ)、夜は男子サッカーの対南アフリカ戦(NHK)が放送される。

気が付けばファンになっていた「サウナを愛でたい」

 以前もこのブログで書いたBS朝日で午後10:30~放送している「サウナを愛でたい」。夫は録画をして見ている熱心な視聴者。私は人がサウナに入っている番組の一体どこが面白いんだろうと思っていた。

 ところが、気が付けば「サウナを愛でたい」は毎週欠かさず見る番組となり、ヒャダインさんと濡れ頭巾ちゃんさん(レジェンドサウナー)のそれぞれのサウナの入り方もすっかり覚えてしまった。

 昨日の放送では東京・鶯谷にある銭湯「萩の湯」のサウナを愛でていた。そこはビルのなかにあるサウナで、上のほうの階は賃貸の住宅になっている。

 もしここに住んでいたら毎日大浴場+サウナに入れるのかあ。「サウナを愛でたい」を見るのは好きなのだが、私はスーパー銭湯やサウナにはあまり行きたくない。理由は帰りがとにかく面倒くさいから。せっかくさっぱりしたのに靴下と靴を履いて、髪の毛を乾かしてワックスをつけて、顔も最低限メイク(眉+化粧水+日焼け止め+ファンデーション+リップ)をして・・・と想像するだけで嫌だ~と思ってしまう。でも、サウナの上階に住めば問題解決。もしかしたら髪の毛も乾かさなくてもいいかもしれない。

 そんなことを想像して見ていたら、このビルの賃貸に住んでいる人には月3回無料でサウナに入れるというではないか。しょっちゅう利用していたら空いている時間帯が分かるだろうから、快適に入れそう。食事もできるので、サウナ入って、食事して、あとは部屋に帰って寝るだけという、旅館にいるような時間が過ごせるらしい。

 妄想はさておき、私は濡れ頭巾ちゃんさんがとても気になっている。身体が温まる前に水風呂に入ってしまう通なお方。本名のファーストネームは雄三さんということは分かったが、ふだんは何をしているのだろう。と思っていたら、番組ホームページに「特別編 サウナ会のレジェンド 濡れ頭巾ちゃんって何者なんだ!?」という再放送のお知らせがあった。これは録画予約をしておかねばと思う。放送は7月25日(日)午後2:30~。

 そして来週から4週連続で北海道のサウナを愛でるらしい。旅番組とは全く異なる角度で北海道を楽しめそうだ。

これは家族のドラマだ「ウチ、”断捨離”しました!」

 「ウチ、”断捨離”しました」は、BS朝日で毎週月曜日夜8時から放送している番組。やましたひでこさんが毎週片付けられないと悩んでいる人の家に行き、話を聞いてアドバイスをし、おうちが見違えるほどきれいに片付いていくという番組だ。

 私はこの番組はまだ数回しか見ていないのだが、これは単なる家にあるモノの断捨離ノウハウ番組ではなく、ディープなドキュメンタリーだと思って見ている。

 今日は小学校低学年の女の子がいるご家族が登場した。お母さんは47歳のときに女の子を出産。教育熱心なお母さんは娘さんに読ませたい本をたくさん買ったり、バイオリンを習わせたりしている。でも、1カ月ぐらいバイオリンは弾きたくなくてお休みしているという。お父さんはお母さんよりも6歳年上ということもあり、お金に余裕があるうちにと、子供の成長を見込んで大きいサイズのバイオリンを買って保管している。また、お母さんは娘さんが描いた絵や工作を捨てられない。

 やましたさん曰く、子供の作品を処分できない理由は2つある。親が「子供の作品を捨てる親は情のない、母性のない親だ」と勝手に思うことと、子供が大きくなった時にこれだけ取っておいたという愛情表現を示したいことだという。

 確かにそのとおりだ。うちにも全部ではないけれど、そこそこの量の子供の作品がある。スペースがあればとりあえず収納してしまうが、やはりモノは持っているだけではなんの意味もないなあとこの番組を見ると思う。

 番組では、娘さんが作品を持ち、それを写真に撮り、作品は処分するというやりかたをしていた。

 空間が増えた部屋になったら、娘さんはバイオリンを演奏し始めた。

 断捨離のチカラ、おそるべし。