edamameのテレビブログ

テレビ番組の感想を思いつくまま書いてます ゆるりとした時間のおともに

テレビ離れ考察①報道番組

 Twitterの日本のトレンドに「テレビ離れ」という言葉があがっていた。

 子供の頃からテレビばかり見て、今テレビブログを書いているテレビ大好きの私でさえこの頃のテレビは何か変だぞと思い始めている。特にコロナウィルスが流行してからはそれが顕著になってきて、このままだとテレビは廃れてしまうのではないかと思っている。視聴者目線でその問題を考えてみた。

 ある日の夕方のニュース。「コロナウィルスの感染者が増えているから、県をまたぐ移動はしないでください」とアナウンサーが注意喚起をする。しばらくすると、東京オリンピック聖火ランナーが九州を走っているニュースになり、その締めでは「明日は〇〇さんが登場します」としれっという。〇〇さんは東京に住んでいる有名人。

 「県をまたぐ移動はするな」って視聴者には言っているけれど、「有名人ならいいんかい?」とツッコミを入れたくなる。いっそのこと「聖火ランナーは『選ばれし者』なので県をまたいでいいんです!」とでも言ってくれたら私は「ふ~ん、それならご勝手に」と無表情になるが、たぶん世間は大炎上だろう。

 せめてひとつの番組内では筋を通してもらえないだろうか。例えば、あるニュース番組は「経済より感染者を減らすことが大事」というポリシーでずっと報道する。だからgo toイートも東京オリパラ開催も否定的。テレワークやオンライン授業の現状、医療従事者の現場の声、感染者の具体的な病状や後遺症を多く伝えて、何よりも感染者を減らすことを優先するよう訴える。

 また別のニュース番組はウィズコロナ路線。人が動かないともうからない業種の人たちを応援する。コロナ禍でも楽しめるお出かけスポットの紹介や東京オリパラをやらないときの経済損失など、そこそこの感染対策をして経済を回さなければ日本がまずいことになるという路線で報道する。

 そうしてくれたら視聴者は混乱しない。番組の色をはっきりと出してくれたら、私たちもそのつもりで見ることができる。ああ、自分の価値観と合っていないと思えば違う局のニュースを見たらいい。日によって知りたい情報が違うこともあるだろう。

 残念ながら、日本では好きなキャスターの番組を見る、というジャーナリズムとは全然関係のないところでニュース番組を選ぶしかない。報道の自由があるのだから、万人受けを目指さずに一歩踏み込んだ報道をしてくれたらいいのになあと思う。

 とは思うが、実際にはニュース番組の後ろにはスポンサーと視聴者がいる。スポンサーが車の会社だったり、外食チェーン店だったら、お出かけは絶対ダメ!なんていう報道ばかりするわけにもいかないだろう。また、お出かけしよう報道ばかりだったら、こんなに感染者がいるのにけしからん!と視聴者からクレームが入るだろう。

 そうやって、誰に対してもいい顔をしたい、というかいい顔をしなければ番組が作れない状況だから、今のようなニュース番組しか作れないのだと思う。

 東京オリンピックの中止が決まったら、たぶんどの局もこぞって中止による経済損失を伝えるだろう。開催が決まったら決まったで、感染拡大の懸念を伝えるだろう。どちらになっても批判をするだけ。「そこにジャーナリズムはあるんか?」と大地真央に言ってもらいたい。

久しぶりに見た「グータンヌーボ2」@TVer

 TVerでたまたま「グータンヌーボ2」を見つけたので、久しぶりに見た。今は関西ローカルらしい。ゲストが待ち合わせ場所のお店に歩いてくる姿(全身)を映し、画面右側にイヤリングやジャケット、スカートのブランドを出すところは変わっていなくて、ちょっとだけノスタルジックになった。そうそう、こんな感じだったなあと。

 今回のゲストは、ブルゾンちえみ改め藤原しおりさんと水田あゆみさん(「バチュラー」に出演していた方で有名らしい)、MCは長谷川京子さんだった。

 藤原しおりさんはブリリアン(2020年に解散)と「ブルゾンちえみ with B」というユニットを組み、「35億」のネタでブレイクした。そのままお笑い芸人人生を歩むのかと思ったら、いつの間にかテレビに出なくなって、最近ちょっと見かけるようになった。

 今はタレントでもなく、肩書は「藤原しおり」だそうだ。「35億」で一気にブレイクした1か月後にはすでに楽しいという気持ちはなかったらしい。世間の期待と自分の実力とのギャップ、笑いを取り続けなければならないプレッシャーに苦しんでいたというのだ。今は、自然体でいられて幸せだと彼女は言う。メイクが変わったこともあるかもしれないけれど、表情も柔らかくなって、本当にそのとおりなのだろう。

 「グータンヌーボ2」の視聴者ターゲットは内容からしてアラサーぐらい。40代後半の私は完全にターゲット外。でも、今回の藤原しおりさんの話はとても面白かった。たぶん「ボクらの時代」や「おしゃれイズム」や「徹子の部屋」だったらこんなにフランクに話せなかったのではないかと思う。ハセキョーのMC力の高さを感じた。

 私はトーク番組のゲストをチェックして、面白そうな番組は見ている。これからは「グータンヌーボ2」もチェックすることにしよう。TVerがあってよかった。

「きれいのくに」(5)を見て思うこと

 「きれいのくに」(5)を見た。

 母親が、髪を伸ばそうとしていた自分に対して言った「色気づいちゃって」という言葉に嫌悪感を抱き、髪の毛を伸ばすのを止めた誠也。親からの何気ないひとことでおしゃれを封印させられたうえに、彼女がいないことも心配されてうんざりしている。そんな両親は当時多くの人たちがやっていた美容整形をして美男美女になり、結婚し家庭を築いている。

 整形に比べたら髪を伸ばすことぐらい大したことはないのに、と誠也は反発する。しかも、整形は10年前から法律で禁止されており、整形願望があったとしてもそれをすることはできないという状況だ。

 親の世代は、整形をして美しい容姿を手に入れ、結婚相手を見つけ、幸せに暮らしている。だから、整形を禁止している今の法律に疑問を抱くし、整形をしていないことを良しとする最近の世間の傾向には反発する。自分たちがそうしたように、子供も整形して美しい顔を手に入れたほうが幸せだろうと信じている。

 一方、子の世代は、親世代の多くの人が整形し、同じ顔をしていることへ違和感がある。美しい顔を持っているからといってうらやましいとはさほど思っていない。しかし、自分たちの整形をしていないナチュラルな容姿に自信を持っている、というわけでもない。

 ちょっと発想を広げてみると、このドラマは「ほとんどの人が整形手術をして同じ顔をしている親世代」と「整形が禁じられた、バラバラの顔をしている子供の世代」という見た目の分かりやすい対比を利用して、「世代の分断」を描いているのではないかと思う。

 世代の分断はどの時代にもどの国にもあるだろう。でも、今の日本のそれは結構深いと思う。「じゃないほう」の側にいる人を否定したり拒絶したりして自分の立場を守ることは簡単だけれど、それでは溝は埋まらない。共感までは行かなくても歩み寄ることができれば、みんなが居心地のよい社会になるような気がする。

 さて、今回の「吾郎ちゃんコーナー」は、こたつの吾郎ちゃん(誠也の父)。くつろぎアイテムのこたつに入っているのにこんなにスタイリッシュなのはさすが。来週は映画監督の吾郎ちゃんも登場なので、お楽しみに。

私の印象の残っているシーンは・・・「タイタニック」

 金曜ロードショーで、先週と今週の2週にわたって映画「タイタニック」が放送されている。とても長い映画だし、一度見て結末は分かっているから見るつもりはなかった。でも、なんとなくザッピングをしていたら、「タイタニック」に遭遇してしまい、そこから目が離せなくなってしまった。

 私が映画「タイタニック」を初めて見たのは20代だった。映画館で見た記憶がないので、たぶんビデオを家で見たのだと思う。前半の華やかさと対照的に後半は地獄のような暗い映画で、見るのがしんどかったのを覚えている。

 映画のなかで私が一番強く印象に残っているシーンがある。それは、船が沈没するのが分かり、乗客が次々と避難していくなかで、数人の演奏家たちがバイオリンなどを奏でているシーン。もうすぐ沈むのが分かっているのにこの人たちはどうしてこんなふうに演奏を続けられるのだろうと、とても衝撃を受けた。

 今週そのシーンは放送されるのだろうか。当時の私は20代で、自分の死が目前に迫っているのに音楽を奏で続けることが理解出来なかった。だから当時はその行動に対して素晴らしいという感情はなかった。どうしてそんなことができるのだろうという疑問だけ。

 今週金曜日の「タイタニック後編」でそのシーンは必ず見たいと思う。40代になった私がそれを見てどう思うかを確認したい。もしかしたら当時と同じ感情かもしれないし、別の感情が出てくるかもしれない。

 この演奏のエピソードは事実だそうだ。そして悲しいことに演奏していたバンドメンバーはみな死んでしまった。乗客たちは彼らの演奏を聴くことで心を落ち着かせて避難できたのだろうと信じている。

思わず見入った林先生と落合陽一さんの対談「日曜日の初耳学」

 「ドラゴン桜」を見てそのままテレビをつけっぱなしにしていたら「日曜日の初耳学」が始まった。

 番組開始から25分間放送された林修先生と落合陽一さんとの対談はとても見ごたえがあった。今日の放送全部この対談でよかったのに、と思うぐらいだった。

 レッドオーシャン(競争の激しい市場)とブルーオーシャン(競争のあまりない未開拓の市場)の話のなかで、「ガッツはレッドオーシャン」という面白い表現が出てきた。落合さんが同席していた就職試験の面接で自分の取り柄を「ガッツがあること」と言った人がいたそうで、ガッツなんてみんな持ってるよ、というのをもっともらしく言った言葉である。

 林先生は東進で最初は数学の先生になるつもりだったが、数学はレッドオーシャンだったので、ブルーオーシャンの現代文の先生になったそうだ。やっぱり先見の明があるんだなあ。

 また、今は時代が変わって、プロじゃなくても生きていけるようになった、と落合さんは言う。それまではプロは専業でなければいけなかったが、今は二刀流、三刀流、四刀流でもやっていける時代になった。そして、自身もいろんな顔を持つようになったことで、やりたいことだけをやれるようになったそうだ。専業のときは、やりたくないこともやらなければならなかったという。

 私は今まで落合さんの話している姿をあまり見たことがなかった。本の表紙の写真の落合さんはクールな感じで近寄りがたいイメージだったけれど、実際はとてもフランクでユーモアのある楽しい方だった。

 メモを取らずに見ていたので録画しておけばよかったと思ったら、TVerでもYouTubeでも配信しているらしい。今のテレビは本当にありがたい。もう一度見て、ふたりの賢者の言葉を全部吸収したいと思う。

「24時間テレビ」メインパーソナリティはKing & Princeに☆

 さきほど「1億3千万人のSHOWチャンネル」で今年の24時間テレビのメインパーソナリティはKing & Princeと発表された。日にちは8月21日~22日、場所は両国国技館で無観客の開催と確定している。

 キンプリは歌っているところや個々でドラマやバラエティ番組で活躍しているのはよく見るけれど、私は彼らがそろってバラエティに出ているのをあまり見たことがなかったので「24時間テレビ」がとても楽しみだ。無観客なのは残念だけれど、このご時世で観客を入れるのはリスクでしかない。でも、キンプリの華やかさはきっとテレビ越しでも十分に伝わるだろう。

 「24時間テレビ」が放送される頃の日本はどうなっているだろうか。今よりもコロナ感染者が少なくなって、明るい気持ちでこの番組が見られたらいいなあと願う。たぶんワクチン接種はそんなに進んでいなさそう。日程的には東京オリンピックの閉会式とパラリンピックの開会式の間なので、オリンピックが開催されても落ち着いているタイミングだと思う。心穏やかに福祉について考える機会になりますように。

 私は「24時間テレビ」はエンタメでOK派。出演者へのギャラとかマラソンランナーの必要性とか毎年のように物議を醸しだしているけれど、エンタメ要素のない真面目な福祉番組だったら、福祉に興味のない人は見ないだろう。一年に一度、夏の暑い日に好きな芸能人を応援することがきっかけとなり、福祉に関心を寄せることはとても有意義だと思う。

俳句をエンタメにした「プレバト!!」の功績

 毎週木曜日は俳句を見るために「プレバト!!」を見る。芸能人が俳句を作り先生が添削をしランキング形式で発表するという、Eテレの俳句番組のような内容なのに、バラエティとして成り立っているというのがこの番組のすごさだ。

 今でこそ「プレバト!!」は人気番組だが、ゴールデンタイムに俳句の番組を作るというのは、企画段階ではとても勇気のいることだったと思う。私にとって、俳句は学校の国語の授業で習ったきり。読書は好きでも俳句は高尚で難しい気がして、それまで俳句に関する本は読んだこともなかった。多くの視聴者にとっても、俳句は遠い存在だったのではないだろうか。

 「プレバト !!」では、着物を着た夏井いつき先生がズバッと芸能人が作った俳句を添削する。一流芸能人だろうがアイドルだろうが添削に忖度がまったくないのが見ていて気持ちいい。17文字という限られたなかに作者は季語と思いを込め、読む人は情景を想像して楽しむ。

 言葉が足りず作者の思いが伝わらない句、季語がかすんでしまう句、ふつうの文章のような句など、私もだんだん俳句の良し悪しが分かってくるようになってきた。テレビを見て楽しんでいるだけだが、継続は力なり。少し前までは、夏井先生の解説を聞いているだけだったけれど、今は夏井先生はこう直すだろうとか、梅沢富美男さんの俳句は今回はボツかもとか予想して解説を聞くようになった。それが当たるとよしっ!と心で小さくガッツポーズをしている。

 昨日出演していたフルポン村上健志さんは、「フルーツポンチ村上健志の俳句修行」という本を出版したと番組内で宣伝していた。私は村上さんの優しい俳句が「プレバト!!」のなかで一番好きなので、さっそくamazonでチェックしてみたところ、なんと句集のカテゴリーで1位になっていた(2021年5月7日時点)。ちなみに2位は2018年発売の「夏井いつきの世界一分かりやすい俳句の授業」。プレバトの教え子と先生がワンツーフィニッシュだった。

 梅沢富美男さんが毎週がんばって俳句を作っているので、永世名人の句集が出版されるのが待ち遠しい。その一方で、句集が出たら梅沢富美男さんはどうなるのかが気になっている。夏井先生との掛け合い漫才のようなやり取りがとても面白いので、句集が完成してもぜひ違う形でずっと出演してほしいと思っている。

 また、プレバト俳句名人の中田喜子さんはEテレの俳句番組の司会(第3週)を先月から担当している。中田さんは「プレバト!!」では表情の豊かさをいじられているけれど、「NHK俳句」でも満面の笑みで司会をしていた。プレバト俳句が好きな方はぜひ見てほしいと思う。

 「NHK俳句」は日曜日の朝に放送されていて、私は早起きした日は見ている。でも昔から見ていたのではなく、「プレバト!!」を見るようになってから見始めた。「NHK俳句」には視聴者から何千という句が送られてきているそうで、番組で紹介される句はほんのごく一部。そのため俳句のクオリティーがとても高い。まさか自分が日曜日の朝から俳句番組を楽しく見るようになるとは思ってもいなかった。

 ちなみに夏井先生はYouTubeで「夏井いつき俳句チャンネル」をやっている(もちろん私はチャンネル登録済)。YouTubeで俳句をやって成功しているのは、「プレバト!!」で俳句の面白さが伝わったからだと思う。

 もし「プレバト!!」がなかったら、俳句は今のように社会に浸透していなかっただろう。何百年後の国語の教科書に「プレバト!!」で生まれた俳句が松尾芭蕉小林一茶の句と並んで掲載されるのかなあと思うと感慨深い。