edamame timeのブログ

思いつくまま書いてます

松丸君の本気度が画面から伝わる「クイズ!あなたは小学5年生より賢いの?」

 録画していた「クイズ!あなたは小学5年生より賢いの?」を見た。今回はナゾトキで大人気の松丸亮吾くんが3度目の登場。過去2回はいずれも最終問題で間違えてしまい、賞金獲得ならず・・・今回は過去の放送で出された問題を全部解いて来たという。

 松丸君は毎日のようにテレビで見かけるし、多忙を極めていそうなのに、そこまでのエネルギーを費やせるのは素晴らしい。また、もし自分が番組側の人間だったら、それぐらい番組に本気で挑んでくれるのは本当にうれしいことだと思う。

 この番組の面白さは、クイズそのものを楽しむのはもちろん、分からない問題が出されたときの解答者のリアクションと、司会の二人(劇団ひとりさんと佐藤隆太さん)や助っ人小学生とのやり取りだ。

 いつも問題を出している松丸君が解答者になるというのも楽しい。そしてまさかの一問目の「かえりみる」の送り仮名の問題では、「省る」「省みる」「省りみる」の三択で迷いに迷う。助っ人小学生の力も借り、無事に一問目をクリア。(ちなみに答えは「省みる」)

 おお、松丸君、大丈夫か、と思っていたら、2問目のナゾトキ風の問題ではあっという間に解答。この落差が面白い。また、答えに自信がないときは、自分が知っていることから推測して正解を導き出していた。

 世の中は正解が分からないことだらけである。この番組を見ている子供たちが将来分からないことに出合ったときにどうやって問題の答えを見つけるかという、生きるヒントみたいなものがこの番組にはちりばめられているような気がする。楽しく番組を見ながら、問題解決能力も身についていたらいいな。なんてそんなうまくはいかないか・・・

 さて、松丸君はそんなこんなで最終問題、「小学校で習う、画数が2画の漢字10個をすべて答えよ」という問題を見事正解し、賞金1000万円をゲット。心から喜んでいる姿を見て、私までうれしくなってしまったよ。

 賞金の使い道を聞かれて、ナゾトキのアプリを作るというコメントもナイス。賞金は何に使ってもいいのだけれど、楽しいアプリとして還元してくれるなんて、ニクイねぇ、松丸君。