edamameのテレビブログ

テレビ番組の感想を思いつくまま書いてます ゆるりとした時間のおともに

「ガッツだぜ!!」と「夜空のムコウ」

 私にはその曲を聴くと、別の人が歌っているほうを思い出す曲というのが2つある。 

 1曲目は、ウルフルズの「ガッツだぜ!!」だ。今日、林修のニッポンドリルで、ウルフルズが「ガッツだぜ!!」を歌っている映像が流れた。懐かしいなあと思った次の瞬間に、ずん飯尾さんの「ガッツだぜ!!」を思い出して、一人で笑ってしまった。

 めちゃイケの「歌へた」という企画だったと思うが、ささやくような「ガッツだぜ!!」は破壊力しかなくて、本当に面白かった。今はテレビは品行方正が求められる時代なので、下手な歌を聞いて爆笑することはNGかもしれない。あの強烈なインパクトのせいで、私のなかで「ガッツだぜ!!」はずん飯尾さんの歌になってしまった。たぶんこの先も変わらないと思う。

 2曲目は「夜空のムコウ」。もちろんSMAPの名曲だが、「笑っていいとも!」でミスターマッスルさんのパフォーマンスが面白くて、この曲を聞くとふふっと笑ってしまう。今思うと、「笑っていいとも!」ってくだらなくて楽しかったなあ。今のお昼に爆笑できるテレビ番組ってひとつもないような。

 聞くだけで笑ってしまう曲が2曲あるのはテレビ好き冥利に尽きるのかもしれない。

久しぶりに小島慶子さんを見た「徹子の部屋」

 さっきYouTubeひろゆきさんが黒柳徹子さんのことを話しているのを見て、「徹子の部屋」が突然見たくなった。TVerで検索したら、5日分の「徹子の部屋」があり、そのなかで一番興味があった小島慶子さんの回を見た。

 小島慶子さんは同い年ということもあり、なんとなく気になる存在。10年ぐらい前だと思うが、稲垣吾郎さんと本を紹介する「ゴロウ・デラックス」という深夜番組に出ていて、頭の回転が速い人だなあと思っていた。その頃、彼女はテレビにコメンテーターとしてよく出ていて、結構とがったコメントをしていたような記憶がある。ここ数年は私の生活時間や見るテレビや雑誌が変わったせいか、あまり名前を見かけなかったような気がする。

 久しぶりに見た彼女は、白と緑色の落ち着いた色の服を着ていて、表情が柔らかくなっていた。コロナの影響で1年ぐらいご主人と息子さんたちの住むオーストラリアの自宅には帰れていないという。以前から彼女は子供たちが独立するときにご主人との関係を改めて考えること(=離婚を想定)を公表しているが、コロナで直接家族に会えないという状況はその考えに変化をもたらしているかもしれない。コロナ離婚という言葉があるけれど、その反対に、コロナの影響で好転するケースもあるのだろう。現在はお母さまとの関係も良好のようで、良かったなあと思って見ていた。

 小島さんが早くご家族と会える日が来るといいなあと思う。

 

Fischer's、ネプリーグのレギュラーにどうかな?

 今日のネプリーグのゲストは尾上松也さん、3時のヒロイン、ゆりやんレトリィバァYouTubeでおなじみのFischer'sなど楽しい顔ぶれだった。

 特にFischer'sはふつうっぽいのにとても面白いというのが魅力だ。だいぶ前のことだが、北海道から出てきたばかりの大泉洋さんのような、よく分からないけれどなんとなく応援したくなるキャラクター。芸能人に対しても緊張せずに楽しく会話していて、YouTuberってテレビとは別の世界を持っている強みはあるなあと思う。俳優さんだったらこの世界で生きていくので、芸能事務所の上下関係とか共演者とかにいろいろ気を遣ってあんなに自由な感じにはできなさそう。

 そこで、ひとつ提案。彼らの明るいキャラクターがネプリーグの雰囲気にぴったり合っているので、ネプリーグのレギュラーはどうだろうか。2時間スペシャルで複数のチームで対戦するときの1チームはFischer'sにしたら結構盛り上がると思う。解答も面白いし。

 でも、大人気YouTuberだからそもそもテレビに出る必要性がないかなあ。テレビの出演料は全然知らないけれど、もしかしたら稼ぐという意味ではテレビよりもYouTubeのほうがいいような気もする。彼らにとってテレビに出るメリット・・・私のようにまだFischer'sのYouTubeを見たことがない人もネプリーグの視聴者にはいっぱいいるはずだから、チャンネル登録者数を増やせる、かな。

 今日ブログを書いて気が付いたこと。"fischer's"って"fisher's"じゃないんだ!

朝ドラのような学芸会のような「青天を衝け」初回

 マイナビバイトのCMを見て、絶対この人の時代劇を見たい!と思った吉沢亮。その吉沢亮主演の「青天を衝け」が始まった。

 例年、大河ドラマは年末に終わり年始に始まる。年末年始の日本はクリスマス、大みそか、お正月と、イベント目白押しなので、大河ドラマもその流れでリセットされてきた。今年はコロナの影響で放送が遅れたため、先週までの「麒麟がくる」の余韻があるなか「青天を衝け」が始まった。

 まずびっくりしたのは、徳川家康の登場。北大路欣也さんの顔に貫禄に圧倒される。先週の安土桃山時代から一週間で江戸末期にタイプスリップするのはちょっと厳しいなあと思っていたので、この演出はうれしかった。話の流れ的に不自然でなければ、また来週以降も出てほしいな。

 初回は子供時代の話なので、子供がいっぱい。なんだか学芸会を見ているような気分になってしまった。そして、やんちゃな栄一が行方不明になって大騒ぎになったシーン。わらのなかで寝ていたなんて、見ている人たちのほとんど全員が想像していただろう。のどかな田舎ですくすくと育つ栄一の幼少時代、という朝ドラの王道のような展開に平和過ぎて眠くなりそうと思っていたら、徳川家のこともちょこちょこ入ってきたので、初回は無事に全部見ることができた。

 時代が大きく変わっていく江戸末期から明治大正時代。今私たちもコロナウィルスの影響で大きな時代の変化の渦中にいると思う。変化を拒まずに、新しい時代を生き抜く術をこの大河ドラマから得ようと思っている。あわよくば起業家としての知恵も授けてもらいたい。

森会長辞任のニュースを見て

 ただでさえコロナウィルスの影響でどうなるか不透明な東京オリンピック。そんな折、組織委員会の森会長の不用意な女性差別発言で大問題が起きてしまった。

 最初は辞任するつもりはなかった森会長だったが、国内外からの声を受けて辞任。直後に同委員会の評議員である川淵三郎氏に後任が決定という報道が出るものの、それも撤回されている。

 毎日同じようなコロナ多めのニュース番組に飽き飽きしていたところに今度はこれか、とがっかりする。ミヤネ屋では森さんの発言の全文を紹介していたが、完全に黒ではなく、完全に白でもない感じがした。ただ、「差別」にとても敏感になっている時代に、言う必要は全くなかった。

 日本にはジェンダー的にアウト!なことわざや言葉がいくつかある。

 「女房と畳は新しいほうがいい」

 「女三界に家なし」

 「女三人寄れば姦しい(=かしましい)」

 「男尊女卑」

 「女子供」

 今回の件を新しい会長が決まったことで解決とせず、男女平等について、もうちょっと自分のこととしてみんなが考えたらいいのではないか。私も考えようと思う。

解説もしてほしい「クイズ!あなたは小学5年生より賢いの?」

 今日は2時間スペシャルだった。「完熟フレッシュ」は最終問題を正解し、300万円を獲得。めでたしめでたし。

 最終問題は、次の外国語うち「ありがとう」という意味の言葉を全部選べという問題。

  フランス「メルシー」

  ロシア「スパスィーバ」

  ギリシャ「カリメラ」

  ポルトガル「オブリガード」

  タイ「コップンカー」

  インド「ナマステ」

 この中で「ありがとう」ではないのが、「カリメラ」と「ナマステ」。「へぇ~、カリメラってどういう意味なんだろう」と思って解説を待っていると、いつの間にか番組は終了・・・

 「ありがとう」じゃないならどういう意味なのか、という疑問を持つのはごくふつうの感覚だと思う。解説する時間がないのであれば、下のほうにでもちょこっと説明をしてくれたらいいのに。

 仕方ないので、ググってみたら「いい日」とか「おはよう」を表すらしい。ちなみに「ナマステ」は「おはよう」とか「こんにちは」とかのあいさつ全般。

 ついでにギリシャ語で「ありがとう」は「エフハリスト」、ヒンディー語(インド)では「ダンニャワード」だそうだ。

 それと、インド人はあまり「ありがとう」と言わないらしい。インターネットの情報なので真偽のほどは不明だが、親切にしてもされても当たり前のこと、という感覚のようだ。いつかインド人と話す機会があったらぜひ聞いてみたいと思う。

 不親切な番組のおかげで、自分で調べることになって、結果的にはちょっと面白かった。でも、やっぱり消化不良になっちゃうから、解説はしてほしい。私が見ているのはバラエティでなく、クイズ番組なのだから。

ゆる~く楽しむ「モニタリング」

 プレバトの流れからなんとなく見ていた「モニタリング」。

 オープニングは若返りメイクで昔自分が出演していたCMを再現するコーナーだった。ゲストは中山忍さんと山田まりやさん。私は違和感のない若返りメイクというものをまだ見たことがないので、期待半分で見ていたけれど、やっぱり「無理して顔作りました」って感じそのものだった。でも、メイクは関係なく、ふたりとも雰囲気は若くて、40代にありがちな、メイクでは隠せない人生の疲れみたいなのが顔に全く出ていない。スッピンでテレビに出られる肌のクオリティーの高さはさすが芸能人だなあと思う。私も同じ40代後半だが、とても人様にスッピンは見せられない。

 このコーナー、肌がきれいに見えるとかほうれい線が隠せるとか、実際に使えるメイク術を教えてくれたらいいなあと思うけれど、それだとモニタリングにならないからダメかなあ。年齢を当てるアプリを使って、メイク前とメイク後で年齢がこんなに変わりました、みたいな企画だったらモニタリングでも出来そう。一部の世代にしかウケなさそうだからダメかなあ。

 それから、後半にあった本物の歌手とものまねの歌手の歌声を聞いてホンモノを当てるコーナー、いつも思うのだが、簡単すぎて本当につまらない。

 ものまねの人の声は、サビの部分はまあまあ似ているのだけれど、そうでないところ(=声をあまり張らないところ)が明らかに違う。テレビをぼんやり見ていても違いが分かるぐらいだから、タワーレコードでヘッドフォンをして解答している人たちにはとても簡単なのではないだろうか。それなのに、スタジオでは「どっちだろう?」っていう雰囲気を出していて、なんだかこちらは白けてしまう。

 もしかしたら私は音楽をよく聴くから簡単なのかなとも思ったが、今日はふだんあんまり音楽を聴かない夫も全問正解だった。もうちょっと難易度を上げてくれないとヤラセ感満載になってしまいそう。

 疲れがピークの木曜日にぴったりのゆる~いバラエティ。ぼちぼちツッコミを入れながら楽しく見よう。